お気に入り

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012/01/16

まるこぽーろくらぶ

先月久々にキャセイパシフィック航空で香港に出張した。会社の提携によって、久々にマルコポーロクラブのシルバーをゲットした。

今日はいつもの(?)上海出張で珍しくJALに乗る。
JALのサファイヤから滑り落ちて久しいが、マルコポーロクラブのシルバーということで、ワンワールドのステイタスでいうとルビーになる。

このステイタスでは、JALのラウンジに入ったり、預け荷物の重量追加特典などはないが、実はJALに乗る場合でもビジネスクラスカウンターでチェックインできる。

ということで、エコノミーの長い列を尻目に、キャセイのマルコポーロクラブのシルバーカードを提示してビジネスカウンターでチェックインした。
今は…カードラウンジでいつも通りビールを飲んでいる。上海に着いたら仕事なんですけどね…。しかも年明け初の仕事です。

長期休みで、すっかりリセットされたので、エンジン全開で頑張りたいと思いまーす。

多分…上海事務所に着く頃には、アルコールはそこそこ抜けていると思います。
まぁ…早朝の成田エキスプレスの中で来年度予算案の策定してたから…いいでしょ?。

では、今年も頑張っていきたいと思います。

2012/01/09

ぽぽらまーま

映画のあと妻と合流し、お昼ごはんはMOVIX昭島のとなりにある、ポポラマーマでスパゲティを食す。

映画の半券を提示すると、50円OFFとのこと。
JAF会員証の提示で5%OFFとのことだが、この金額なら半券が3枚あるので150円割り引いてもらった方がお得ですね。

ポポラマーマに限らず、モリタウン内の飲食店では、割引やデザートサービスが受けられるとのこと。

早い時間に来たら、映画とお昼ごはんをセットで楽しめるのはイイですね。

しかし…映画館でポップコーン食べすぎたから…なぁ…。


1326086119029.jpg

もりたうん

friends もののけ島のナキ を見る。

年末にイナズマイレブンを見にきた時は、閑散としていたが、流石に休日ということで、今日はチケットを買うのに並んだ。
しかし、列のところどころから、今日は何でこんなにいるの?って声は聞こえて来たので、やはりここはそれ程混んではいないようである。

ナキも10:25の2Dの回を見たが、席は1/5~1/4程度しか埋まっていなかったか…。
まぁ、イナズマの10人ぐらいに比べればずいぶんと人は一杯いるということになるか。

映画のストーリー自体はありきたりかもしれないけど、涙腺がすっかり弱くなったオイラは、途中から涙がポロポロだった。

イナズマで久々の映画館だったけど、やっぱ映画館は良いよなぁと。

子供向けばかりになっちゃうかもしれないけど、また見に来ようと思った。

うんうん。そんなわけで今日は誕生日。このあとケーキを買って帰って、家族に祝って貰おうと思いまーす。

2012/01/08

あとはながれるように

8年ぶりの試験場。聴力検査はなくなったのね。

府中運転免許試験場での手続き順を備忘録として整理。けど、次回はまた優良に返り咲いて、警察署で更新したいなと。

府中試験場は私の場合、JR武蔵小金井駅を降り、南口に出て6番バス停にて調布駅行きのバスに乗って行く。バスは多磨霊園駅行でも良い。バス停は6番で一緒なのでそこで待てばいい。
但しこれは京王バスの場合で、小田急バスでも行けるようだが、調べ切っていない。

さて、手続き順に移る。

まずは案内所(窓口)に向かう。
試験場正面のバス停で降りてすぐ目の前のある建物の入り口から入って、正面ちょい右手にある窓口。
右側に1番窓口があるが、これは案内窓口ではない。まぁ、入ったらすぐ目の前なのでわかるとは思うが…。

この案内窓口では更新ハガキと免許証を提示する。
すると申請書が渡され、どこに記入すればいいのかを教えて貰える。

記入が終わったら、すぐ横…案内窓口からは右手後方にある1番窓口で手数料の支払い。
申請書と更新ハガキを出す。
8年前は自分で収入印紙を別の窓口で買っていた気がするが、今は昔か…。

ここで支払いを終えたら、1番窓口からは真後ろの2番窓口へ。
視力検査になる。運転する条件での測定なので、メガネやコンタクトを外す必要なし(だと思う)。コンタクトならコンタクトで~すとの申告は必要。
私は裸眼で1.5なので難なくクリア。
順路に沿って進むと検査OKのスタンプを押して貰い、次は暗証番号入力。

何やらマシンがずらっと並んでいる。
それを覗くとタッチパネルでボタンが二つあるが、左側の「登録カード作成」って書いてある方を押して、暗証番号4桁を2つ入力する。すると暗証番号とバーコードが印字されたものがプリントアウトされるので、それを持って3番窓口へと向かう。3番窓口では申請書と更新ハガキ、免許証を出す。そこでは更新内容の確認をする(と思った)。
すると免許証にパンチが打たれて(穴を開けられて)
、後ろの4番窓口へ向かうように言われる。

4番窓口は登録と写真撮影になる。申請書と免許証を出す(記憶では…)。住所氏名が間違いないかを確認して写真撮影へと進む。
写真撮影では申請書を出すと、半券のみ返してくれる。また写真撮影前に、先ほどプリントアウトした暗証番号のバーコードを読み取り機に読みこませる。読み込ませるのはセルフ。
写真をパチリと撮影したら、これで手続きは完了。

あとは講習区分毎に講習会の会場を教えてもらえるので、その部屋に入って講習を受ける。申請書半券に講習済みスタンプが押されないと免許証を交付してもらえないとのこと。
スタンプは講習会の最後の方にビデオ上映している間に押してくれた。これは教官によるかもしれない。

オイラは今回は一般だったため講習1時間。しかも写真撮影後待ち時間が5分程度しかなかったため、講習終了後はすぐには交付されないと説明あり。

交付は受付順とのことで、そう言えば、昔もかなり待たされたなぁと。
なので、慌てても仕方がないので、地下1階の食堂に向かう。ちょっと入りづらいところにあるけど、時間潰しに持って来いのところ。意外にガラガラだし。

体重が気になるところなので、味噌ラーメン単品にする。
数分で出来上がり、のんびりすすって、交付場所に向かう。
交付は別館になるので一旦外に出るが、人が自然に流れているので迷うことは無いであろう。

で、交付会場に入ると、何とほぼドンピシャで私の受付番号と名前が呼ばれた。
講習が終わったのが12:20(開始は11:20)で、交付を受けたのが13:00ぐらい。写真撮影から2時間ぐらいってことか。優良は優先されて交付されるかも。私は今回一般だったので…。
また今日は1年で最も更新に訪れる人が多い日らしいので、混雑により違うかもしれないが、目安にしてもらえると良いかなと。

それで交付を受けたら終わりではなく、免許証をもらったら、暗証番号を入力したマシンが、またもやずらりと並んでいるので、そこで今度は免許証をここにおいて下さいと書いてあるところに置いて、タッチパネルの右側のIDカード内容確認(正式名称忘れました)という方を押す。

暗証番号4桁を二つ入力すると、画面には免許証が表示される。
違うところは、本物の免許証は住所のみ記載されているが、画面表示は本籍が表示されている点。また画面の免許証には住所は記載されていない。
ひとしきり確認が終わったら、完了ボタンを押して終了。
免許証を忘れずに取り、これにて更新手続き完了となるのである。
ちなみに、暗証番号は警察署に行ってもわからないそうで、忘れたら試験場に来ないと教えてもらえないようである。
マシンでプリントアウトした暗証番号の紙は持って帰ることができるため、何処かに保管しておくといいかも。
但し、免許証と一緒にしておくのは、暗証番号の意味がないので注意である。
あまり使うシーンはないと思われるが、銀行などでボチボチと導入され初めているそうなので、慌てないようにしたい。

1年で一番混雑する日である、年明け一発目の日曜日。
通常は平日と違い、午前と午後に別れているが、今日は混み混みで特別ってこともあったかもしれないが所要時間を記録しておく。

試験場に着いたのが10:30。
大混雑していたため、入場規制されて、案内窓口での手続き開始は11:00ぐらい。
しかし、このあとはすらすら流れて、手数料支払い、視力検査、暗証番号入力、更新確認、登録、写真撮影を済ませて11:15ぐらい。
本来日曜日の午前中は一般講習は11:00の次が11:40のはずだったが、11:20の講習があって、それに滑り込み。※今日は13:00からってのもあった。平日並みに実施?。
講習が終わったのが12:20で、新免許証の交付を受けたのが13:00ごろ。

試験場内に2時間30分いたことになります。
混雑具合によると思いますが、移動を含めたら半日ぐらいはみっちり潰れてしまうってことですね。
まぁ…参考までにということで。

ぎりぎり

免許更新手続きに府中試験場に来る。
新年最初の日曜日ということで激混みである。
明後日でも良かったのだけれど、何となく誕生日前にやっておきたくて今日来てしまった。
ギリギリ午前中最後の講習会に間に合うかと思ったが、これはアウトかな…。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

Twitter やってます!

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ