お気に入り

« みずもれ (そのまたつづき) | トップページ | いんふるえんざ »

2011/02/02

くうしん

すごーく昔。本当に子供の頃。
小学生低学年の頃だろうか。

地震の話を家でしていた。きっかけは覚えていない。
そのとき親父が、アメリカでは空が揺れる"クウシン"ってのがあるんだぜ!。
と、私に教え込み、空が揺れるなんて、想像を絶する事態だと思いつつ・・・。
空が揺れることで、何が起きるんだい?。・・・と思ったのも事実でして。
だって、空が勝手に揺れたって、自分にはあまり関係ないじゃない?。

で、霧島連山の新燃岳の爆発的噴火のニュースで、ななななななんと、"クウシン"という言葉を使っているではないか!。
幼心に、"クウシン"の何が怖いことなんだろう。。。って思っておりましたが、"クウシン"が「空振」という字で
、空気が揺れることで・・・衝撃波となり、窓ガラスを割ったりする・・・とのこと。

おぉ、そんなのが突然きて、窓ガラスが割れようものなら、確かにパニックである。
ちゃんと調べずに放置していましたが、これも本日気分スッキリの一要因になりそうです。

とりあえず、メモメモしておきます。

« みずもれ (そのまたつづき) | トップページ | いんふるえんざ »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48716/50751960

この記事へのトラックバック一覧です: くうしん:

« みずもれ (そのまたつづき) | トップページ | いんふるえんざ »

Twitter やってます!

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ