お気に入り

« らーめん | トップページ | みずもれ (そのまたつづき) »

2011/01/31

みずもれ (つづき)

昨日漏水調査をやってもらった。
15:00~17:00の間に来ます・・・ということで、来たのは16:20頃。

結局アールシーワークスさんに頼んだのだが、電話の第一印象ではイマイチ。

私「漏水の調査をお願いしたいのですが・・・。」
相手「はい・・・。」
私「・・・。」
相手「・・・。」
私「・・・。」
相手「・・・。」
私「・・・えっと、いつぐらいに来て貰えますかね?。」
相手「・・・。」
私「今日とかは・・・?。」
相手「そうですね、えっと漏水の箇所とかは判っていますか?。」
私「いえ。」
相手「どうして漏水されていると?。水道局の検針の方からの指摘ですか?。」
私「あっ、そうですね。」
相手「心当たりとかは無いですか?。」
私「ちょっと判らないんですよね。」
相手「えっと・・・。」
私「・・・?。」
相手「そうなりますと、漏水の調査と言うことになりますね。」
私「・・・(最初にそう言いましたよね?)。はい、調査をお願いします。」
相手「調査ですと、7000円スタートになりますけど、良いですか?。」
私「あっ、はい良いです。(ホムペには3000円/30分ってあったけど・・・)」
相手「じゃぁ、本日ですと、15:00~17:00の間に伺うことになります。」
私「それでお願いします。」
相手「お伺いする前に電話致しますので、電話番号を教えて貰えますか。」

という具合。
まぁ、普通の応対といえばそうなのですが、出だしの沈黙とぶっきらぼうな感じの受け答えが、なんとも嫌な予感がして、ホムペに3000円スタートと書いてあったとか切り出しにくかったです。
「嫌なら他あたって下さい」・・・なんて言い出しかねないような雰囲気がありありでしたので。

しかし、その第一印象とは裏腹に、担当で訪ねて来た方は、とても詳しく教えてくれる頼りがいのある人でした。

その一部始終。・・・一部紹介か。

日曜日は定例の行事(習い事など)があるので、お昼頃家から出撃した。
行事を済ませて、まずは妻が速攻で帰宅。14:00過ぎぐらいから自宅待機。
私も心配だったので、途中連絡しながら、16:40頃に帰宅した。
業者が16:20着だったので、私も20分程度の遅刻で済んだ。

なにしろ無愛想な感じだったので、横柄なやつだったらどうすっかねと思いつつ・・・。

しかし、そんな電話の応対の嫌な予感を吹き飛ばすように、来てくれた担当の人は頼りになる人だった。

なんていう道具なのか判りませぬが、水道管(給水側)にロングな聴診器を当てて音を聞く。どうやらそれは2メートル先ぐらいまで聞こえるらしい。

順番に、台所、洗面所、お風呂、トイレと聞いていき、どうやら、こいつはトイレっぽいぞと。

私もその音を聞かせて貰い・・・。素人には水かどうかなんて判りやしないが、確かに台所のそれとは違い、なにか音がする。

その後、床下の漏れ具合を見に行くということで、担当の人が台所の床下から潜りに行く。
「うひゃー、狭いねぇ・・・俺入れないかも。入れても出られないかも。」
と言いつつ、ブルーのシートを敷きながら、突撃していった。

床下でライトを照らしつつ。
「うぉ?。」
「ん?。んんん?。」
「んんんんんんん?。」

で、ズリズリと戻ってきて一言。
「誤診かも。床下換気のモータの音だ。」

ということで、床下換気を止めたところ、トイレの管からは、先ほどの音が聞こえなくなった。台所のそれと同じように静かになってしまった。

最悪のケースは家の中ではなくて、土中で漏れているケース。掘り起こさなければならない。
再び、担当の人が家の外を回って、あれこれ確認している。地面や壁の異常(ぬれ具合?)を見ているようである。

で。さすがに来た時間が16:20ぐらいだったので、ドンドン辺りは暗くなり、外での探索が難しくなり始めたところで。

「こいつぁ、土中だね。最悪だよ。」

と一言。さらに続けて。

「金属管だったら25年ぐらいで錆びちゃうからさ・・・。築・・・30年でしたっけ?。」
「錆びてて、そこから漏れてても不思議じゃないよね。」
「錆びてもさ・・・漏れるか漏れないかは運みたいなところがあるからさ。」
「運が無かったってことだよね。」
「こいつぁ、業者を頼んで。配管がどうなっているか判らないけど、全部は掘り起こせなからさ、引き直して壁抜いて引き込むっきゃないんだよね。」
「結構高い工事費になると思うんだ。」

およよ。想定外だ。なんだかんだで原因突き止めて、10万以内の出費で済めばと思っていたのに・・・。さて、どんな金額が飛び出すやら。ふっかけられちゃうかなぁ。

「概算見積だけやっちゃいますね。」

メジャーを取り出し、大雑把に距離を測り始める。

「9メーターでしょ・・・5メーター、6メーターかな。」
「んー。配管はメーターで値段が決まっているからさ。ザザッと見積もって材料で20~25(万円)はいっちゃうね。」
「で、蛇口のある場所まで持ってって、家に壁抜いて、直接引き込むことになるんだよね。」
「穴開けも1箇所いくらって決まってて、6箇所あるから・・・2階のトイレもやるなら7箇所で、15(万)は軽くいっちゃうよね。」
「ま、正式に見積もって、うちならこの金額でやるって・・・例えば何とか35に抑えるようにやるってのはできるけど。」
「でも、うちはローンやってないんだよね。緊急対応だからさ。現金、振り込み、クレジットカードのどれかなんだよね。高額だと・・・難しいと思うから、知り合いの業者さんがいれば、そこに頼むのが良いと思うよ。」
「知り合いの水道屋さんとかいないかな?。不動産屋は・・・もう30年じゃ付き合い切れちゃってるか・・・。リフォーム会社なんかでも良いと思うんだ。」
「業者によっては、この手の工事は80~100ぐらいって言われちゃうと思うから、どうしても金額が折り合わなかったら、また相談してよ。うちならローンじゃないけど、安く抑えることできると思うからさ。」
「とにかく、いくつか業者あたってみるのが良いと思うよ。」

なるほど、親切である。自社を売り込むというより、こちらの立場で話をしてくれている。

さらにその後、庭を掘り起こしに行って、水道管が金属管ではなくて、塩ビパイプであることを確認。パイプにテープ(断熱の発砲タイプのテープ?)が巻き付けられており保護されていた。

「あー、すごいね。丁寧な仕事だね。逆に、これが巻いてあるから水漏れ箇所がわかんないんだね。パイロットの回り具合から、かなり漏れていると思うんだけど、このおかげで地面に漏れ出さないんだね。集中的に出ないで回り込んじゃってるんだね。」

とのこと。
そうなんだよね。結構この家はしっかり作られているらしい。
いろんな業者が地下に潜ったり、屋根裏に入り込んだりしているが、どなたからもお褒めの言葉を戴いている。

ということで、調査はここで終了。”漏水調査”なので、ここまでで終了である。
色々と話を聞いたり、アドバイスを貰ったりで、結構悩ましい状態ではあるが、勉強になったのも事実。
で、お値段は、17:40頃まで調査を行って貰い、7000円に消費税で7350円とのこと。
ホームページでは3000円/30分で出張費3000円だったので、その通りにいくと12000円計算だった。

7000円スタートで、どっから金額がアップするんでしょうと思いつつも調査料をお支払い。ネットで調べた時は、15000円~20000円が相場・・・みたいなことが書いてあったので、それぐらい覚悟していたが、色々調べて貰ってこのお値段なら・・・。

というか原因が判らなかったから、7000円で高いと言えば高いですかね。

また、このお支払いをしながら、担当者の方は、しばらく考え込み・・・。

「塩ビ管だからさ、自分で家の周りを掘って、漏れている箇所を掘り当てるってのも手だよね。大変だけどさ、塩ビ管なら、ホームセンターで売っているし、それこそ接着剤や継ぎ手も売っているからさ、自分でもできちゃうよ。」
「そしたらさ、業者なんかに頼むよりお得にできちゃうよね。数万円で終わるよ。」
「まっ、でも掘るのが大変だから業者に頼むんだけどね。」

にゃるほど。支払いの時まで考えてくれましたか。
まず・・・お知り合いに良い水道屋さんを知っているかをあたりつつ、担当者の方の最終案である、”自分で掘る!”に3連休チャレンジしてみようかと思います。
3連休まで漏らし続けて良いのかは・・・よく判りませんが。
でも、今週末は温泉ツアーなのです。私が幹事でして。外すわけには・・・ね。

しかし、妻と話している中では・・・すでに漏水は半年以上前から始まっているような。
なにしろ、水道代は変わっていませんから。場合によっては・・・数年漏れている気もしなくはありません。
子供が生まれて洗濯機を良く回す・・・ちょっと増えたかな?・・・。とか、子供が大きくなって、最近お風呂で使う量も増えたから?・・・などなどと思う節があったのが、それぐらい前ですからね。

さて、今日はもう一仕事頑張ってから帰宅しようと思います。
うーむ。思い切ってリフォームしちゃおうかな!!。

あっ、いかんいかん、仕事に集中しよう。
では。

« らーめん | トップページ | みずもれ (そのまたつづき) »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48716/50739795

この記事へのトラックバック一覧です: みずもれ (つづき):

« らーめん | トップページ | みずもれ (そのまたつづき) »

Twitter やってます!

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ